水冷PCの効果とは

夏になるとパソコンの性能が落ちて困ることがあります。ゲームをしていて露骨にフレームレートが下がってイライラします。熱暴走なんて言葉があるくらいですから、パソコンに熱は大敵です。でも対処の方法がよくわかりません。クーラーで部屋を冷やすのが良いのでしょうけど現実として難しい場合もあります。私の場合はクーラーの位置が悪く、どうしても部屋が暑くなりがちです。だから夏になると扇風機をゲームPCの隣に置いたりしています。けれども正直なところそういうのはもうやめたいと思っていました。だから水冷PCにしようと思ったのです。水冷って言葉だけで温度を下げてくれるイメージが湧きます。しかしデメリットはないのでしょうか。そこでゲームPCを買い換える前に調べた情報をまとめておきます。

水冷でどれくらい冷えるか?

水冷の最大のメリットはパソコンの温度を冷やすことです。もっと具体的に言うとパーツを冷やします。水冷にはCPUとグラボに装着できるものがあります。一般的には水冷CPUです。でもグラボの温度も馬鹿にできないのでグラボにも装着するような人もいます。ただし両方やると結構値段が高くなるデメリットがあります。

ではどれくらい温度が下がるかといえば最低でも10度は下がります。たったの10度かと思うかもしれませんがそれでもかなりパソコンのパフォーマンスが変わります。部屋が暑い場合は20度くらい下がる場合もあるので、夏でも安定させたいなら水冷を導入するメリットがあります。

静音化は無理

たまに「水冷にすれば音も静かになるよ」みたいな書き込みを見かけます。確かにファンではなく水冷になることを考えたら静音化を実現できそう気がします。でも残念ながらそんなことはありませんでした。音は全然変化ありません。結局ラジエーターを動かして循環水を冷やすのでファンが動いているのと変わりません。

どんな効果があったのか

私は迷った結果、水冷CPUにしました。ゲームPC売れ筋ランキングでも夏場に水冷が人気だったからです。そのゲームPCはグラボではなくCPUだけでした。さすがに両方だと値が張るからでしょうね。実際それだけでも充分安定しました。これまで夏場は絶対にカクカクしていたのに、長い間オンラインゲームを動かしていてもフレームレートが下がることはなくなりました。熱暴走に困っている方は導入する価値がありますよ。